【家のこと】木目天井+吹き抜け+シーリングファンのススメ

木目天井の吹き抜けにシーリングファン、インスタやいろんなブログでおしゃれな写真がたくさんあって、憧れる方も多いのでは。。

我が家も憧れがあり、色々と検討しやってみました!※写真は我が家です。

結論としては、やってよかったと思います。

検索しても、メリット・デメリット、いろいろ書かれておりますが、我が家の場合の感想を記事にしておきます!

こづかい
こづかい

やりたいけど、デメリット部分で悩んでる。。という方にこそ、参考にしていただけると幸いです!

※シーリングファンは、ハウスメーカーにお願いすると、かなり高くなります。

ネットで購入し、施主支給でつけてもらうと、冗談抜きで半額くらいで済みます。

コスパを上げるためには絶対におすすめ。

よく書かれている意見→我が家の感想

冬に冷たい風が降りてくる・夏は2階がものすごく暑くなる

我が家の周辺では、外気温は冬の最低が-4度、夏の最高が35度くらいまでになりますが、冬に上から冷気が降りてきた!夏に2階暑くていれない!と感じたことはありません。

今の所、快適にひろびろ吹き抜けを楽しめておりますが、これは正直、家の断熱性能の高さによる部分が大きいと感じます。

我が家はすべての窓を3重ガラス、断熱材を吹付け断熱にする等、断熱性に徹底的にこだわったハウスメーカーにお願いしました。

24時間換気も、熱交換システムを利用しており、外気が室温まで温められて入ってくるようになっています。

窓についても、夏・冬の快適性を確保するため、綿密に計算されたサイズ・数にしております。

断熱を考えた作りだからこそ、吹き抜けにしても快適に過ごすことができていると感じております。

エアコンも、本当に最低、最高温度くらいにならない限りは、つけなくて済むぐらいです。

断熱性がしっかりした家を作る場合は、温度のことは、あまり気にせずに判断されて大丈夫だと思います。

吹き抜けに大きな窓を配置したい!

吹き抜けの暑さ、寒さに影響する構造として、面している窓の数やサイズも大きな影響があります。

インスタで見かけるおしゃれな家では、大きな窓が吹き抜けにバーン!とある画像もあります。

青空が見えて、本当に素敵そうですよね!!

我が家では、こうしたかったのですが、

・窓が増えるとどうしても断熱性能が落ちてしまう

・2階のプライバシーを確保するため、夏に日差しを防ぐために電動スクリーンを配置する必要がある

等の点をを考慮して、小さいFIX窓4つ を採用しました。

窓というのは、おしゃれで開放感が確保でき、とても素敵ですが、どうしてもあればあるほど、室温が外気温に影響されやすくなってしまいます。

また、付帯してカーテンやロールスクリーンなど、何かと予算がかさんでしまいます。

正直、大きな窓に今も憧れますが、冬・夏の快適性のことを考えると、しっかり考えてつける必要があります。

音が筒抜け!

筒抜けとまでは行きませんが、一階で見ているテレビの音がなんとなく聞こえるくらいには聞こえます。

我が家は、2階にはライブラリースペースと、子供部屋を配置しております。

子供部屋のドアは、間取り上、防音性よりもデッドスペースを減らすことを優先し、引き戸にしました。

引き戸よりも、開き戸のほうが密閉性が高いため、開き戸や、厚めのドアにしても良かったかな~と感じております。

生活音はまあまあ聞こえる感じになるかと思いますが、

おすすめできる方

○断熱性にしっかりこだわった家を作る予定の方

○坪数は限られるが、家を広々と見せたい方

最後に

断熱性を売りにしているハウスメーカーであれば、ノウハウもしっかり持たれていると思いますので、暑さ寒さで吹き抜けを諦めてしまうのはもったいないと思います!

吹き抜けの開放感は、実際の坪数よりも、数段広く感じます。

予算が限られるからこそ、ぜひ採用してみてください。

ではでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました